Super heart head market

8月11日(金)

 

俳優座劇場でバナナマンライブ2017「Super heart head market」見た。

 

夜勤明けで家に帰ってウトウトしたままテレビをつけたらノンストップがいつも通りやってて前日にライブの初日を迎えてその日の夜にはライブの2回目公演を控えてる設楽さんが普通に生放送に出演していて、 「本当に今日この人と俳優座で会えるのか?」って実感がないまま自分はもしかしたらバナナマンライブが行われるパラレルワールドとは別の世界の住人なんじゃないかとさえ思って、不安で不安で身体は疲れてるけど緊張感がそれを超越して全然眠れないまま手元にあったライブチケットとカレンダーを何度も確認した。

 

気づいたら1時を過ぎていて、シャワーを浴びて朝と昼の分の飯を軽く済ませて電車で俳優座に向かった。3時間半も前に会場着いたのに既にチケット持った人が30人以上は並んでて本気で驚いた。

 

バナナマンの人気は知ってたつもりでいたけど、バナナマンの2人があまりにも気さくでテレビをつけたら何かしらに出演していて、ラジオも毎週金曜日に周波数合わせるだけでちゃんとやってるから、勝手に毎日会ってるような気分になってて、こういうライブの時期に毎年バナナマンの人気の凄まじさを実感する。

 

18時20分、予定時間より10分早く会場に入る。

3時間半も前に並んでたのに既にバキャップとパーカーは自分がラスト1つでつくづく自分は運がいいと思った。(後ろに並んでた方本当に申し訳ありません。)

 

会場の中は舞台にベンチが1つ置いてあるシンプルなセットで「Super heart head market」の文字が薄暗い空間に映し出されてる素敵な空間で、客席にいる人たちがみんなコソコソと話しながらも何処か緊張でムズムズしてるような素敵な時間だった。

 

ネタバレはしないようにするけど(DVD発売まで何も情報入れたくない人は見ない方がいいかもです)1つ目から去年の「腹黒の生意気」の始まりのコントっぽい雰囲気を持ちながらも、去年に増して確実に2人の顔の表情とか動きがコントのキャラクターにドンピシャな気がして、こういうのを一発目に持ってきて爆笑させてくるバナナマンは相変わらず尖ってんな〜て気がした。

1年ごとにライブやってないとこういうネタはもしかしたら見れなかったかもな〜。

 

2つ目のネタは色んな人が絶賛してたけど、俺も実は今回で1番好きなネタで、タイトルのシンプルさとそこのコントの内容の濃さにクラっと来ます。みんなが忘れかけてた設楽統のどろっとした部分が急に顔を露わにして、「きたきたきた」って心の中でニヤニヤした。

 

3つ目はバナナマンがファンにサービスで作ってくれたんじゃないかって思うネタで、あのキャラクターにちゃんとコントとして会えるとは・・・!!!

そりゃあみんなテンション上がるよなって感じです。

でもこのネタが1番バナナマンが今年でテレビとかで培った知識とかがそのまま反映されてる気もするから、あのキャラクターに会えたのは必然性もあるんだろうな〜。

 

4つ目のネタはタイトルにある言葉をそのまま何度も何度も押し通すコントで、一度ハマると抜け出せない中毒性があったし、俺が大好きな頭の悪い設楽統のキャラクターが見れて楽しかった。ラジオで話してた「日村さんが歯を磨くシーン」は俺は個人的に大好きで、多分あの時間で1番笑ってたような気がしてる。

日村さんの顔と歯磨きってだけであの長い時間ずっと通して、それで笑えるのは日村さんじゃなきゃ出来ないな。

 

5つ目は赤えんぴつ。

2年前に丁度ライブ期間のラジオで「バナナマンライブの定番コント赤えんぴつをやっている間、設楽統は本当にクスリをやっている」ってメールを読んでもらったことがあって、その時設楽さんが話してた「赤えんぴつやってる時は唯一観客席にいる人に話しかけたりできて楽しいんだよね」って言葉が嬉しくて、「赤えんぴつ」やらない公演もあるけど、自分的にはやっぱりこの「赤えんぴつ」を見てる時が1番バナナマンライブ見てて幸せをちゃんと脳味噌で実感できるから今年も気が狂ってるのに芯が一本通ってるおーちゃんと、優しいひーとんが見れて最高だった。

ただ今年はいつにも増してバイオレンス要素が凄かったけど(笑)

 

6つ目は多分例年通りならオークラさんのコントかな。

バナナマンが2人とも多重人格を演じるコントのシリーズは久しぶりだなー。

なんか今回の公演は10年くらい前のバナナマンっぽいネタがいくつかあったから、もちろん新ネタだけど懐かしいバナナマンにも出会えたような感覚になれました。

 

幕間の映像はコントとは違ってシンプルだけど全部面白かったなー。

音声に文字と絵を当てるって発明は今更だけどスゲ〜なって思う。

今回のバナナマンライブ見に行った人とは「ワニワニパニパニゲーム」か「おちんちん侍ゲーム」やれたら絶対楽しいだろうなー。

 

オープニングの映像は個人的に今までで1番好きでバナナマンがラジオでフライヤーのイメージを「60年代風」って話してた通り、フィルムみたいな映像が流れたりして、ヌーヴェルヴァーグとか60年代の映画に影響されまくってる自分には堪らないクールさがつまりまくってた。

 

毎年毎年バナナマンは「全然完成しない」って愚痴りながら傑作を更新し続けてスゲーや。

テストの時に「全然勉強してない」って言っといて隠れて勉強して点を取るズル賢い奴とも違う。

本当に時間なくても絶対手抜かないからこそできる離れ業なんだろうな。

 

今年の「Super heart head market」がもしかしたら1番好きな公演かも。

 

ホールインワンTシャツ着てるのをバナナマンに1番に見せたかったから、ライブ中に客席にいる自分の姿見て2人とも気づいてくれてたのはもう本当にラジオリスナー冥利に尽きるな。

何度も自分の送ったメールに「ありがとうね」って言ってくれてた時間が本当に尊いな。

 

来年もまた俳優座劇場にホールインワンTシャツ着て行けたらいいな。。。

 

f:id:takano-kazu1031:20170813232105j:image